ATMの手数料も「塵も積もれば山となる」!手数料を節約するには!

節約術

ど〜もtoniemonです☆

 

給料をもらうなどして、まとまったお金は銀行に預金している方がほとんどだと思います。

そしてそのお金を銀行かコンビニのATMで引き出すことが多いと思います。

 

そこで気になるのが、ATM時間外での引き出しにかかる手数料。

金額自体は1回数百円ですが、全然利息もついてないのに手数料ばっかり取られるのは悔しくないですか?

今回はATMの手数料の節約について自分が実践していることを書いていきます!

 

今後、ATMはどんどんと有料化の流れになるかも?

ATMについては、今後利用者にとっては良くない方向に流れていくかもしれません。

8月14日には三菱UFJはATMを2割削減する検討に入ったとのニュースがありました。

さらに多くの銀行が、無料利用の回数が減ったり、無くなったりという方向に動き始めています。

 

できればATMの手数料は払いたくないです。

手数料以上に利息をもらっていれば別だけど・・・

 

どうやってATM手数料を払わなくする?

ATM手数料無料時間に利用する

まずは、原則としてATM手数料無料時間が設定されている場合は、その時間にお金を引き出すことです。

無料時間に引き出せる時に計画的にまとまった金額を引き出しておくことで、ATMを使う回数を減らします。

 

預金する銀行を分散しない

預金している金額によって、引き出し無料回数が違う銀行があったりします。

なので、1000万円以下の預金額である場合は、一つの銀行にまとめてしまい、引き出し無料回数を増やして、ATMを使いやすくするという方法があります。

 

toniemonが実践するATM利用方法

給料用の銀行は三井住友を利用しています。

ポイントパックというサービスで月に3回までは時間外手数料が無料になります。

ポイントパックのサービスを利用するための条件はいろいろありますが、自分は給料口座としているので、条件クリアしています。

 

クレジットの引き落としも三井住友なので、それを考慮して余るお金に関しては、まとまったお金をSBIネット銀行に預け替えます。

SBIネット銀行が便利なのは、時間外引出し手数料が何回か無料になるだけでなく、振込手数料が無料になったり、SBI証券の口座と連携できたりすることです。

(振込手数料の無料回数は預金金額によります)

振り込みが必要な場合はすべて、SBIネット銀行から振り込みをしています。

 

このように三井住友銀行とSBIネット銀行をうまく組み合わせて使うことで、時間外引き出し手数料だけでなく、振込手数料の両方を払わないようになりました。

 

 

コメント